ABOUT

OVERVIEW

私たちは、秋田県由利本荘市を中心に拠点を置く企業グループとして
「もの」づくりだけではなく、あらゆる「期待」をつくっていきます。

これから起こりうるあらゆる変化を捉え、「チャンス」に変えていき、さらに大きな価値を生み出していく企業体を目指します。
今後も、YURIホールディングスはグループが一体となったワンストップサービスでトータルソリューションを実現します。

HISTORY / COLLABORATION

グループの原点となる由利工業株式会社(以下、由利工業)は昭和30年9月6日、秀峰・鳥海山を仰ぐ西目村にTDK株式会社(以下、TDK)の協力企業として誕生しました。創業時、工場の建坪40坪、従業員数18名の小さな会社でした。主に、円筒型セラミックコンデンサの製造から始まり、円盤型コンデンサ、そして昭和53年から積層セラミックチップコンデンサ(以下、MLCC)の製造を行い、由利工業は飛躍的な成長を遂げました。MLCCの驚異的な小型化なくして、今日のモバイル時代は到来しなかったといっても過言ではありません。

YURIホールディングスは、
既存事業の深耕と新規分野への
挑戦を
グループ一体となった
ワンストップサービスの提供で
実現します。


その後、1976年に金属機械加工をメインとする秋田精工株式会社(以下、秋田精工)が由利工業の機工課から分離独立して設立されました。創業時はTDKの積層機の組立てが中心で、省力化機械、精密部品の設計・製造、治工具の製造が主な業務内容でした。「自動化・省力化を促進する技術集団」を標榜し、創立から10年の間に着々と実績を上げていきました。現在は、営業~設計~加工~組立~立ち上げ~据付までの一貫体制を強みに幅広いサービスの提供を行っています。

さらに、1981年に横手市の誘致企業として横手精工株式会社(以下、横手精工)が設立されました。はじめにVTR基板の組立を開始し、その後電子機器向けの製品の基板実装技術を身に着けました。また、自動化による生産性の向上を図るため、実装基板搬送装置「わたる君」の自社開発を行いました。また、ソフト開発に強みを持つエーピーアイ株式会社、LED照明製造や基板実装技術を強みとする日本エス・エム・テー株式会社と3社合併し、新生横手精工として技術の融合を図りました。

由利工業、秋田精工、横手精工は、グループの主力3社となるまでに成長を遂げ、現在も3社各々の強みを活かした事業を展開しています。

そして、グループシナジーの醸成と戦略と事業の分離による最適化を目指した持株会社体制を構築し、2015年に、YURIホールディングス株式会社(以下、YURIホールディングス)が誕生しました。

今後も、YURIホールディングスは既存事業の深耕と、新規分野への挑戦を、グループ一体となったワンストップサービスの提供で実現します。

OUR THOUGHTS

私たちが企業活動を通じて目指すべき姿は「創造によって地域社会に貢献する」です。
これを具現化させるために、私たちは「もの」づくりだけではなく、あらゆる「期待」をつくっていきます。

自社・自分たちに対して良い仕事がしたい、環境がもっと良くなるという期待を持ちながら仕事をすることで
より仕事が楽しく、技術にも磨きがかかります。

そして、技術を磨き、品質を追求し、こだわり抜くことで、お客様との信頼やリピートに繋がります。
それは地域社会への貢献にも繋がっていきます。

そういった積み重ねを通し、
私たちは、これから起こりうる
あらゆる変化を捉え、
「チャンス」に変えていき、
さらに大きな価値を生み出して
いける企業体を目指します。